カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

エルダ−の必修「記憶の技術」

生来、『記憶』なるものについては、自信がある方ではありません。
過去を振返って見ますと、記憶することが不得意なのに、記憶する努力を怠っていたと言えます。

特に年を重ねると、今さっきの記憶に自信がなくなることがあります。
勿論、曲がりなりにもお忘れないための工夫はしている積りです。

行動予定はGoogleカレンダーを使い、PCとスマホに同期させており、参考になる資料は即座にEvernoteに入れ込むようにして、行動予定は“母艦ノート”で管理、Post‐itもそれなりに利用をしています。

されど、人間の記憶力に適わない面があります。先ずアウトプットのスピードが違います。又、思考への幅や深さが全然違います。

使いこなせる記憶であるかどうかで、思考力の幅も違ってくることを、最近購入した本を読んで改めて知りました。

偶然新聞広告を見て、買い求めました
     伊藤 真著「記憶する技術」(サンマーク出版)です。

永年、「記憶」の良い人を羨ましく思っていましたが、「記憶は、生まれつきでなく技術である」のに、それを習得しなかったことが悔まれてなりません。

しかし、今からでも救いはあります。
著者は「“記憶力”は年齢に関係なく鍛えることが出来る−。と断定する」と言っています。

今更、司法試験に挑戦をする気概まではありませんが、スーマートなエルダ―を目指すにためにも価値がありそうです。

  <書かれていた記憶するための幾つかのポイント>

◇習った事は、1時間以内に復習をする⇒エビングハウスの「忘却の曲線」

◇記憶をするためには、寝る前の5分がゴールデンタイム

身の回りを整理すること。整理の苦手の人は、記憶力も弱い

◇究極はこれだと思ったことは、何事にも「関心」を強く持つこと

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=4164&eid=179

ページトップへ