カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
うにのやまみトップページに戻るうにのやまみの会社案内うにのやまみの雲丹醤油うにのやまみのギフトうにのやまみのご自宅用商品うにのやまみの焼うに

やまみ夏の福箱と下関の景色をお楽しみください

こんにちは、うに姫です。


今年も恒例の企画「やまみ夏の福箱」がはじまりました。

2018夏福箱

福箱と共に、あなた様に下関の風を感じていただこう

去る7月19日に やまみうに営業マンの友枝課長と
「下関の景色と福箱」の写真を撮りにでかけました。

私たちの会社(下関水陸物産株式会社)から徒歩30分以内です。

それでは行ってみましょう~♪

【作品NO.1】下関海峡ゆめタワーと福箱(夏祭り)

海峡ゆめタワーとやまみ福箱夏祭り


海峡ゆめタワー(高さ143メートル、関門海峡のランドマークとして1996年7月に誕生しました。)と やまみ福箱「夏祭り」

やまみ夏の福箱夏祭り
ボリュームたっぷり!うに風味から楽しめます。



はい、どんどんいってみましょう!作品NO.2と3はコチラ
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

【作品NO.2、3】 赤間神宮と福箱(金魚)(近く、遠く)

下関赤間神宮とやまみ福箱金魚赤間神宮(遠目)

下関赤間神宮とやまみ福箱金魚

赤間神宮(壇ノ浦の戦いにおいて幼くして亡くなった安徳天皇を祀っている神社。ここで毎年10月に「うに供養祭」も開催されています。)と やまみ福箱「金魚」

やまみ夏の福箱金魚


さあ、3品目の最後の朝顔だ!

作品NO.4 関門海峡の景色と やまみ福箱「朝顔」

(左側が本州、右側が九州、奥に見えるのが関門大橋です。)

下関関門海峡とやまみ福箱朝顔


やまみ夏の福箱朝顔


と、ここで撮影は終了!とおもいきや・・・

カメラマンの友枝課長が、「もっとあっちにも行ってみよう」といいながら、ずんずん歩いていくので、番外編として作品紹介を続けさせていただきます。


【作品NO.5】 ふくの袋競りの像と福箱(この福箱も競りにかけてみてよ)

下関ふくの袋競りとやまみ福箱朝顔
全国各地の漁場や養殖場から南風泊市場へ運ばれてきたふくは、「袋競り(ふくろぜり)」と呼ばれる独特の競り方法で次々と価格が決まっていきます。



【作品NO.6】唐戸魚市場内巨大ふく像と福箱(マスクが適当な感じが好き)

5_karatouoichiba_to_asagao.JPG
唐戸魚市場の(適当な?(笑))マスクをしたふくの像と やまみ福箱「朝顔」(強風でうに姫の髪の毛がパーマヘアに・・・)


【作品NO.7】顔を入れずいられないうに姫と白い灯台と福箱

6_kaodashifuku_to_asagao.JPG
こういうのをみるとつい写真を撮ってしまう・・。(場所:唐戸カモンワーフ)


【作品NO.8】巌流島の決闘と福箱

7_kaodashimusashi_to_asagao.JPG
宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の舞台「巌流島」への連絡船乗り場(つい写真を撮ってしまう(汗))



【作品NO.9】イルカさんも興味をもった福箱

9_iruka_to_asagao.JPG
下関市の水族館「海響館」、ここは運が良ければ、外からイルカさんが見えるスポットです。おっとシャッターチャンス!イルカさんとツーショット!


【作品NO.10】関門海峡の景色と福箱(その2)

8_kanmonkaikyou_to_asagao.JPG
はい、こちらが関門海峡と関門大橋を撮影するのにバッチリな友枝課長おすすめの場所です。(強風で髪の毛がヤマアラシ状態に・・・・)


この写真で紹介した場所は、どこも会社から徒歩30分以内の観光スポットです。


もし、あなた様が、これらの観光スポットに遊びに来る機会があれば、私たちの会社も近いので、是非お立ち寄りくださいませ(平日8:30~17:00)。

更にニュースとしては
2023年には「星野リゾートOMO下関」が開業する予定です。その場所はまさに会社から徒歩8分!楽しみですね!

といわけで、
2018夏福箱


やまぐちECエール便サイドバナー

ページトップへ